トップ

葬儀の中の社葬について

葬儀って本当に奥深い

バッグ

葬儀の運営が法人の社葬

葬儀にはいくつかの種類がありますが、その中のひとつに社葬があります。これは、団体葬ともいわれますが、運営を企業や団体などの法人が主体となって行う儀式になります。このため、参列者の人数や規模の大小に関係ないものとされています。故人の社会的地位や、企業に貢献したことを称え追悼するセレモニーでもあるようです。葬儀には、故人の遺族が主体となって行うものと、社葬のように運営の責任者と費用の負担が、企業などの法人に分けることもできます。また、遺族と企業が別々ではなく合同で行う、合同葬という形態もあるようです。

社葬を行う際気をつけること

会社の創業者や社長などの役員、功労者が亡くなった場合や殉職した方がいる場合など会社がとりおこなう告別式のことを社葬と言います。社葬は亡くなった方がどのくらい会社に貢献してくれたか功績を示すという意味の他に、これからの支援をお願いしたり、いままでのお付き合いに感謝したり、といった会社の考えが多く含まれます。そのため葬儀もビジネスの一環として考えられています。家族のみで密葬してから会社主体の告別式をする、ということが多いため、遺族との金銭のやりとり、お寺との話し合い、告別式の執り行い方など話し合う事が多くあります。トラブルにならないよう早めに葬儀委員長をたてるようにします。

↑PAGE TOP