トップ / 宗派によって変わる葬儀

宗派によって変わる葬儀

葬儀に参列する際には

バッグ

一般的な葬儀の流れについて

宗派によって若干の違いがあるものの、葬儀は一定の流れに沿って執り行われます。通夜の場合、僧侶の読経によって始まり、途中僧侶による焼香がされた後、順番に遺族や参列者が焼香を行います。読経終了後、宗派によっては遺族や参列者に対する説法が行われます。僧侶退出後に、参列者に対して軽めの食事やお酒、飲み物などが振る舞われます。但し、ごく親しい友人や知人に対してのみ、事前に予約していた食事等が振る舞われることもあるため、遺族や係員の要請に従い、無理に長居するようなことはしないなど、葬儀に参列する際には状況に応じて行動することも大切です。

式の流れが分からなくても

葬儀を行う方の大部分は初めてか、せいぜい2度目くらいと言われます。その時には何をどの様にするのか全く分からないものです。故人が病院などで亡くなった時にはご遺体を自宅に搬送することから式が始まっているようなものです。その後の通夜、告別式にたいする細かな事、役所に行って手続きをしたり、檀家であればお寺に伝えたりなどしなくてはいけないことが流れとしてあります。しかし、その様なとき、悲しみの中にある家族には葬儀を手助けしてくれる会社の担当の人が全ての流れは把握していますので任せる位の気持ちでいても大丈夫です。

↑PAGE TOP