トップ / 葬儀の身なりのマナー

葬儀の身なりのマナー

葬儀の適したバッグ

バッグ

葬儀でのバッグの選び方

葬儀の際、持っていくバッグには選び方があります。まず、色は黒です。生物を無駄に殺生したという意味になるため革製品は使用しません。光沢のない布の生地のものを選びます。きらびやかなものも身につけないので金具がついていないかどうかも気をつけます。底鋲はついていて構いません。また、葬儀でお焼香のみする場合、置いたり誰かに預けたり、ということは困難なためクラッチバッグはあまり適しません。腕にかけられるタイプのものが良いでしょう。男性の場合はスーツにポケットが多く付いていますので、持ち歩かないようにします。

失礼のないバッグの選び方

結婚式とは違い葬儀は急な事です。喪服は用意していても、バッグまで気が回らないかもしれません。黒と単純に考えて例えば爬虫類の型押しバッグなどを持参するのはマナー違反です。他のパーティならおしゃれで素敵な黒でも材質に気を配らないと葬儀ではご遺族に失礼です。爬虫類などは殺生という事になり、避けなければならないシーンだからです。光沢のあるエナメルも光り物でダメです。こういったシーンではTPOを優先し、おしゃれする場ではないことをわきまえるべきです。よくフォーマルウエア売り場に置いている布製のものが無難です。ハンドルを外して使用することもできるような作りになっています。値段も比較的安めです。たとえ地味でも、服装でご遺族の方にお悔やみの気持ちを表現するのがマナーです。

↑PAGE TOP